薄毛が気になり育毛剤を使用する男性

歳を重ねて薄毛が気になってくると、育毛方法などが気になったりするのではないでしょうか?しかし育毛は簡単に出来るものではありません、生活習慣の改善や育毛剤の使用、ストレスを極力かけないように生活するなど一筋縄ではいきません。

育毛作用のあるフィンペシアの効果と危険性について

薄毛の多くの原因は男性ホルモンによるAGAであると言われており、海外では治療薬が開発されています。代表的なAGA治療薬はプロペシアですが、インドの製薬メーカーによって製造されているプロペシアのジェネリック医薬品として、フィンペシアがあります。フィンペシアはジェネリック医薬品ということで、育毛の治療に高い費用をかけられない人に人気のAGA治療薬と言えます。フィンペシアに含まれている主成分はフィナステリドで、AGAを発症させる原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制させる作用があります。DHTを生成する要因となるものが還元酵素の5αリダクターゼですが、フィナステリドには5αリダクターゼの働きを弱める効果があります。そのためにフィンペシアを毎日継続的に服用することで、薄毛治療を行うことが可能となり、育毛効果を得られると考えられます。AGA治療薬を服用する治療法の場合には、効果が実感できるようになるまでに半年ほどの期間がかかりますので、継続的な服用が必要となるために、高額な費用がかかってしまう恐れがあります。ジェネリック医薬品であれば、薬代を節約することができるために、AGA治療を続けやすくなります。フィンペシアの錠剤のコーティング剤として使用されているキノリンイエローには、発がん性物質が含まれているといううわさがありますが、それを証明する研究データはありません。フィンペシアに限らず成分としてフィナステリドが配合されているAGA治療薬を服用するときには、一定の割合で副作用が発症する危険性があります。フィンペシアによって発症する可能性のある副作用の症状は、性欲減退や勃起不全、精子の減少などとなります。AGA治療薬は男性型脱毛症の改善に有効な医薬品ですので、女性の服用は認められていません。ただし、服用中の男性が小作りを行うことについては、問題がないと考えられています。